無意識に噛む癖の改善|事前の歯周病予防で口内環境を整える|副流煙がもたらす影響

事前の歯周病予防で口内環境を整える|副流煙がもたらす影響

白い歯

無意識に噛む癖の改善

笑顔

マウスピースを使う

歯ぎしりとは、何もものが口に入っていない状態で歯と歯をすり合わせたり噛んでしまうことを言います。歯ぎしりをすると、歯が劣化して痛みが出たりしみたり歯が割れることも最悪の場合あります。また、口の中だけでなく頭痛がしたり肩が凝る、顔がゆがむなどといった症状が起きることもあるので口内だけでなく体全体に悪影響を及ぼしかねません。歯ぎしりの対策としては、マウスピースを使うと良いと言われています。歯ぎしりは、日中に自然と無意識のうちに行っていることが多いですが特に夜に行っていることが多いです。対策としては、夜寝る時に優先的にマウスピースを装着することによって症状を改善させることが出来るようになると言えます。

ストレスの解消も大事

歯ぎしり対策として欠かせないのが、日常的なストレスを減らすことです。歯ぎしりが起きる原因としては、ストレスが溜まっていることが多いのでまずはストレスを解消することで改善出来る場合があります。ストレスを適度に発散したり、休養をしっかり取り睡眠時間も十分に取るなどといった対策は最低限必要です。また、歯と歯をくっつけないように意識することでも改善出来るので良い習慣を身につけていくことも大事になります。噛み合わせが悪いことが原因で歯ぎしりが起きている場合もあるので、まずは歯科を受診して自分の症状にふさわしい治療法を選ぶことが大事になります。歯並びを正し、ストレスを解消してマウスピースなどを取り入れることが大切です。