事前の歯周病予防で口内環境を整える|副流煙がもたらす影響

医療器具

抜けた歯を蘇らせる方法

歯医者

インプラントとは人工歯根のことで、これを顎の骨に差し込んで人工の歯を固定させる方法です。他の方法に比べてのメリットは長持ちすること、隣の歯の健康を損なわないことで、金沢の歯科医院でも従来に方法に代わってきています。

詳細へ

歯をきれいにしましょう

	白い歯

タバコを吸われる方はとくに歯周病に注意することが必要です。タバコにはニコチンやタールなど様々な有害物質が数多く含まれています。これらの有害物質は口腔内にとっても決して好ましいものではなく、直接的にはもちろんのこと間接的にも様々な影響を及ぼします。長年タバコを吸っていると歯の表面や歯周ポケットの部分などに、しだいにタールなどが付着して毎日の歯磨きなどではとれなくなってしまいます。このタールの表面はデコボコとしており歯周病菌が住み着きやすくなるほか、歯垢などが付着して歯石が通常よりも形成されやすくなってしまいます。またニコチンの作用によって毛細血管が収縮することで血流が悪化するため、歯茎へ十分な栄養が届かず唾液の分泌量も減少するため歯周病になりやすくなるのです。

歯周病の症状では歯肉が赤くはれるような状態になり血がにじむようになります。タバコを吸わない方であれば、歯肉に炎症が生じるとすぐにこのような状態となるため異変に気づくことができます。しかし、タバコを日常的に吸われる方は歯茎の血流が不足しているため、炎症や出血が起こりにくく異変に気づかないことがあります。そのためタバコを吸われる方は、一般の方よりも歯周病への注意が必要となるのです。堺市の歯科では歯周病予防に力を入れています。歯周病予防は口腔内の衛生環境をしっかりと整えることが大切です。そのため堺市の歯科ではタバコを吸われる方に、歯石除去の治療と合わせて歯に付着したタール汚れなどのクリーニングも同時に行うことをすすめています。付着したタール汚れはPMTCやジェットクリーニングできれいに落とせます。タール汚れをきれいに取り除いた後は、スケーリングなどによって歯周ポケットに付着した歯石を丁寧に除去して、口腔内を正常な状態へと改善します。これらの治療を同時に行えば歯周病を未然に防ぐ効果を高めることができます。堺市でタバコを吸われる方は、堺市の歯科で歯のクリーニングと歯石除去を合わせて行ない歯周病を予防しましょう。

歯の悩みはさまざまです

	インプラント

加齢から抜けてしまった歯の悩みや、幼少期の歯並びの悪さにコンプレックスを持つ場合があります。咀嚼不良による食生活の悪影響や、見た目の劣等感から消極的になる前に恵比寿の歯医者に相談してみましょう。自分に合った治療を模索してくれます。

詳細へ

無意識に噛む癖の改善

笑顔

歯ぎしりの対策としては、マウスピースを装着することです。特に夜寝る時に優先的に装着すると、無意識に行う歯ぎしりを防ぐことが出来ます。ストレスを解消したり、意識することでも改善につながるケースが多いです。

詳細へ